理不尽の国のアリス

世界は歪んでいる。私の認識が歪んでいる。どちらでしょうか。

アリスのコスプレがやっとできた件

ブログタイトル

「理不尽の国のアリス」

を冠していながら、いままでアリスのコスプレをしていませんでした。

 

今回のハロウィンでアリスのコスプレができたのでご報告します。

 

f:id:lulufoy:20161119171314j:plain

 

f:id:lulufoy:20161119171321j:plain

 

f:id:lulufoy:20161119171330j:plain

 

f:id:lulufoy:20161119171351j:plain

ぱーりーぴーぽーの中にマッドハッターがいました。

彼女様に掲載許可をもらってないので、塗りつぶしとします。

体毛は全剃りしました。

 

おっぱいは靴下。

 

ちなみに予算は全部合わせて7000円ほどです。

 

 

 

 

 特にカラコンは初めてだったけど、かなり快適な付け心地でした。

 

ちなみにウィッグは

 

 

リネアストリア様のものをつかってます。

2000円でかなりの柔らかな感触だったので、大満足です。

 

サキナの美顔器の無料体験勧誘を受けた話。

例えば、昔仲良くもなかった同級生が声をかけてくるときって、

 

マルチの勧誘とかよくわからん出資とか

 

この人との関係性が悪くなってもいいやって思うような話が大半じゃないですか。

 

僕がサキナと出会ったきっかけは、以前勤めていたバイト先の人(以下Mさん)から

 

「エステの美顔器体験してみない?」

 

と声をかけていただいたことでした。

 

ちなみにMさんとの関係はただの同僚のみ。

飲み会はあるにしても、プライベートで遊んだことなんてないのです。

 

いかにもマルチなお誘い。連絡いただけただけでもうれしかった僕。

無料なこともあり、二つ返事で飛び込んでいきました。

 

saqina.jp

結果として、30万円するエステマシンの勧誘を受けました。

ちなみにエステマシンだけでなくて、基礎化粧品もかなりお高いところです。 

 

いかにも怪しいので、グーグル先生に教えてもらいました。すると、

 

・サキナはマルチ

・サキナは宗教

 

などなど、推測の域を出ない話がゴロゴロと。

立場を明らかにしないブログであったり、情報も古いものがほとんどです。

 

まともな情報が転がってなかったので、その時点ですごく怪しく感じます。

そこで サキナに美容効果があることを体感したうえでお断りした中立の立場から

「僕が体験した、調べた、起こった事実」のみを記述していこうと思います。

 

サキナはマルチなのか

結論から言うと、マルチの厳密な定義には当てはまらないと思われます。

美容部員さんに「ネットでマルチって書いてあったよ?」って聞いてみると

単なるお友達紹介制度としての化粧品プレゼントがあるだけとの説明を受けました。

 

だがしかし、僕にはひとつだけ腑に落ちない点があります。

 

Mさんから頻繁にLINEが来た事

 

普通の友達だったらLINEくらいします。

しかし、紹介を受けた人と僕の関係はそこまで濃いものではなかったです。

グループLINE、バイト中は話す程度でしたが、

 

LINEの個人トークなんてしたことがありません。

 

そんなMさん急に、声をかけてきたばかりでなく、

 

頻繁にLINEを送ってきたって怖くないですか(;´・ω・)

 

その背景に何が隠れてるのかは知りませんが。

 

 

3回施術体験ができる中で、僕はMさんを介さずに、

直接サキナの美容部員さんに体験日程の予約をしました。

 

その体験の前日や体験後に、

Mさんがフォローメッセージ入れてきました。

明日体験よね~的な感じで。

 

体験スケジュールという「個人情報」が漏れてます(;´・ω・)

 

どうやら美容部員さんとMさんとのダブル営業スタイルのようです。

 

Mさんとそんなに親しくないので、抵抗なく断れましたが。

 

美容部員さんが必死に営業するのはお仕事なので当たり前です。

しかし、化粧品をもらえるくらいでここまで必死にやるでしょうか?

マルチかどうか断言は避けますが、

僕はMさんの必死さがちょっと恐ろしいです。

 

 

サキナの会社の評判

結論から言うと、まともそうではあります。

 

理由として、転職会議(転職口コミサイト)で確認したところ、

 

f:id:lulufoy:20160921032000p:plain

 

f:id:lulufoy:20160921032047p:plain

 

いい評価ばっかりでした。恨み言一言もナシ。

逆に怖いです。

 

サキナの美顔器は綺麗になれるのか

つべこべ言葉で説明しても意味がないですね。

美容は証拠画像があってこそ伝わるもの。

というわけで、一緒に体験を受けた彼女様のお肌の変化です。

公式では1週間に1度のスペシャルケアと紹介されるやつを体験させました。

 

顔かくしの加工で見づらいですが・・・

Before

f:id:lulufoy:20160921033050j:plain

After

f:id:lulufoy:20160921033220j:plain

赤みが消えてワントーン明るさが上がってます。

美顔器自体の性能はしっかりしています。

 

ていうか、30万するので当たり前の話ですけど(笑)

 

30万円もして効果が出なかったら詐欺ですから。

 

サキナの類似品

サキナマシンの特徴は

 

・細かいスチームが出せること。

(スチームにティッシュをかけても濡れない細かさとのこと)

 

・お顔と頭皮の高周波(ラジオ波)のマッサージができ、顔や頭皮の血流のケアができること

 

・顔の汚れを吸引できること

 

この3つです。

 

僕が一番サキナに魅力を感じた点は、顔の血流のケアができる点です。

ちなみにハゲ防止をしたい僕には、頭皮ケアもかなり魅力的。

 

でも30万なんて金額、逆立ちしても出せません。

 

そこで類似品を調べてみることにしました。

 

 高周波電流で、血流ケアができるものを発見しました(*´ω`*)

 

なんとお値段4000円で買えます。30万円とは何ぞや。

僕にはこれで十分です。これで顔の血流促進と、頭皮マッサージができます。

ここにイオンスチームつけて、

 

 毛穴の吸い取りつければ

 

パナソニック 毛穴吸引器 スポットクリア 黒 EH2513P-K

パナソニック 毛穴吸引器 スポットクリア 黒 EH2513P-K

 

 合計5万もせずに、サキナさんのケア(仮)ができます。

 

その代わり、サキナさんには、アフターケアとか、美容部員さんの永久サポートとか、化粧品割引がつくみたいです(白目)

 

スチームに関する追記

サキナのスチームに関する説明に疑問を持ったので、とある実験をしてみました。

 

沸騰するお湯から出る湯気に軽くティッシュをかざしてみました。

 

そんな簡単には濡れませんでした。ちーん(´・ω・`)

甲子園の秀岳館に見る野球部至上主義 スクールカーストの表面化について

www.j-cast.com

 

大学で吹奏楽っぽい部活をしてましたるる君です。

 

吹奏楽部問題で、話題をかっさらった秀岳は負けちゃいました。

 

でも、この吹奏楽部問題はすごく根強いものがあるなと感じているので

ちょっとひもといていきたいと思います。

 

野球部>吹奏楽部のカーストが表面化した

 

スクールカーストってありますよね。

大きくは部活だったり顔面偏差値だったり

学校での過ごしやすさを大きく左右する序列です。

 

大体がイケメン・美女グループ、運動系の部活が上位を占めています。

 

ちなみにガリ勉茶道部だった僕は最低ランクでしたw

もう少し早くとまん君が出てきてくれていれば・・・

 

野球部って今思えばなんであんなに態度デカイ人多いんでしょうか。

枠にはめるつもりもないですが、

今まで野球部に所属する人で好感を持てた人は少数。

というカースト最下位のひがみはおいておいて、

 

今回の吹奏楽部コンテスト問題は、このカーストが生徒の中だけでなく

 

教師の側にもその意識があることが明確になりました。

吹奏楽部の顧問教員は8月18日、J-CASTニュースの取材に「学校側が甲子園の応援を部員に強制したことは一切ありません」と話した。

   南九州大会を主催する全日本吹奏楽連盟から「県予選で勝ち上がれば、南九州大会に必ず出場しなければいけない」と念を押され、同校の教員は2時間半に及ぶ職員会議を実施。

吹奏楽部はコンテストを優先すればいい。甲子園の応援は残った人間でやればいい。あとは生徒の意向を尊重する」

と結論を出した。

 

とありますが、

 

圧力などの陰謀論などはおいておいて、

職員会議って開催される必要があったのでしょうか。

 

野球部の応援を吹奏楽部にさせるかどうかを、

会議にかけること自体が教員のカースト意識のなによりの証拠です。

 

吹奏楽部の生徒にとってコンテストとは

 

野球部にとっての甲子園への道みたいなものです。

 

吹奏楽部が主役の場です。

テレビに映るとかどうとかおいておいて、甲子園の応援はあくまでも脇役です。

 

生徒が平等であると思うならば会議をかけるような問題でないのです。 

やりたいとか、やりたくないとか別として、

 

教師なら、生徒が頑張ってきたことを正当に評価する場に出そうよと。

曲の強弱とか、緩急とか、雰囲気の作り方とか・・・

そういう音楽的なものを捨てさせて

 

音量第一で同じフレーズを吹きまくる応援をさせていいのかと。

 

吹奏楽部を主役にするか、脇役にするか職員会議で協議することは

 

教師が野球部の生徒を吹奏楽部の生徒よりも重視していると言えます。

 

7月下旬の職員会議は2日間にわたった。多くの教員が「コンテストに出るべきだ」と主張した。

秀岳館吹奏楽部「野球部と日本一に」 大会断念し甲子園へ - 西日本新聞

 

「多くの教員が主張」という文から

 

「全ての教員」が

 

野球部と吹奏楽部が平等であると思っているわけではないとわかりました。

 

教師が生徒を主役と脇役と選別しているのです。

 

この問題は秀岳館だけの問題ではないと思います。

 

母校も万が一野球部が甲子園行った時のために貯金していると言ってましたし

野球部って割と優遇される立場にあると思ってます。

 

というか日本は野球が優遇されてますw

某張本という老害さんも、胴上げとかビールかけをやる野球を棚に上げて

卓球の水谷さんのガッツポーズにいちゃもんつけてたし。

 

野球部至上主義ここに極まれり。

 

 

 期間限定で無料になってました( ゚Д゚)

 

 

花火大会の後に何発の花火()が上がるのかのエセフェルミ推定(小並感)【プチ下ネタ】

花火大会の季節です。

さてさて、花火大会のお約束といえばリア充

リア充たちは花火の後に、どれだけの花火()を打ち上げるのでしょうか。

 

ちょっと推定してみましょう。

 

花火大会の全体の来場数

例えば、九州・福岡で行われる大濠公園の花火大会

来場者数は45万人とされています。(公式より)

www.nishinippon.co.jp

 

そのうちの何%がリア充なのでしょうか。

 

近しい年代でアンケートを取った独身女性へのアンケート(※1)で37%に彼氏がいることが分かっているので、

 

 

www.onecareer.jp

 

と、平常時でみると、37%という少ない数字がリア充という数字がありますが、

 

花火大会はそもそもリア充の巣窟。

周りを見るとカップルばかりです。

 

あとは友達同士でも、

花火大会が終わったらリア充にクラスチェンジしているかも。

ナンパに引っかかる女の子もいるでしょう。

 

除外対象としては

・小さい子供

・クラスチェンジできなかった友達同士

・友達同士でワイワイしたい人

・観光の外国人

 

ということで、来場者の60%くらいがリア充すると推測しておきましょう。

 

27万人のリア充÷2

 

13.5万組のリア充がひと夏の思い出を作っているとします。

 

そのうちの何%が花火()を打ち上げるかですが

 

 

と、スタッフの証言からも、リア充の巣窟は混みます。

かなりの組がコトに及ぶと考えていいでしょう。

 

ここからの除外条件として

・プラトニックな高校生

・高齢夫婦

・ナンパしてもコトに持ち込めなかった人

・コトに及ぼうにも場所がなかったり、

 帽子を用意し忘れなどのタイミング逃した人

 

などがいますので、

花火()を打ち上げられるのが70%くらいと考えましょうか。

 

というわけで、

 

13.5×7/10で9.45万発の花火()が打ちあがる計算・・・

 

ここで終わりではありません。

 

花火大会のひと夏の思い出

美しいものを一緒に見たという共有体験

イベントの盛り上がり

いつも以上にお洒落して可愛くなった彼女

 

一発の花火()では終わらないかもしれません。

 

30%くらいでしょうか(検索結果からの推測)

 

ということで、

 

約12万発の花火()が追加で打ち上げられることになりそうです。

 

さて、リア充になれなかった40%の方はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

50円ブロガー宮森はやと氏炎上はクレーム処理の反面教師である

前職はコールセンター社員・るるくんです。

よくクレーム案件を引き当てることで有名でした(´・ω・`)

 

皆さまご存知の通りコールセンターは顔が見えない分、

対面よりもクソ変わったお客様が多い職場です。

一日最低一件のクレーム処理はアタリマエ(´゚д゚`)

一年でかなりの対応ができるようになりました。

対面での接客販売も経験し、人は善人だけではないことが身に沁みました。

 

そんな僕からすると

プロブロガー・・・

いや、50円ブロガーの宮森氏の今回の対応は

事の是非はおいておいて。

クレーム対応の反面教師としていい教材です。

 

※以下の記事中に悪質などという言葉を使いますが、

「宮森氏から見れば」悪質という意味です。

 

事の発端はこちらの記事

www.miyahaya.com

 

詳しいやりとりは、

togetter.com

をご覧ください。

 

その1:注意書きをつけることを怠った

世の中の多くのCMに

※これは個人の感想です ※返品の際の送料はお客様負担となります

などなど、いろんな注意書きが小さい文字で書いてあると思います。

 

これは企業の自己防衛です。

悲しいことに、世の中には良心あふれる方ばかりでなく

お客様()も存在します。

そんなお客様()が多いほどこの注意書きが増えていきます。

僕自身もこの注意書きの穴をつかれて手痛いクレームに当たったことがあります。

その時は会社が大幅な譲歩をすることになり、広告担当の部署をガチで恨みました。

 

まっとうな商売をしている企業にすら変人はやってくるのです。

個人ブログで、なおかつ50円というハードルの低い募集に

悪質な依頼がくることは容易に予想ができたはず。

予防線を張ることを怠たったことで、クレーマーを寄せつけました。

 

その2 クレーマーを諭そうとしてしまった

彼のポリシーだのなんだのは置いておいて

彼は依頼者を諭そうとしてしまった。これはクレーム対応のご法度です。

 

 

「僕の身になったらどう感じますか?」という言葉を

「良心的に痛まないのですか?」と僕は解釈します。

 

「正論的なこと」を言おうとした。これが大きな間違いです。

事の是非はおいておいて、

正論をいうことは、相手が間違っていると伝えることです。

クレーム対応において相手を逆上させる行為になります。

 

その後の対応も杜撰で

「なんでもするって言った」→「じゃあ犯罪するの?」

という極端な例を持ち出したり、

「依頼者のためになることじゃないとやりたくない」

論点がズレズレです。

 

そもそも彼の対応は正論ですらありませんでした。

依頼は自分の代わりに日雇労働をしてお金を振り込んで欲しいというもので

犯罪のような社会的な違法性もなく、お金は「依頼者のためになるもの」です。

 

お客様()からすれば宮森氏が自分の質問に答えず、

的外れなことを言ってごまかそうとしているようにしか聞こえないと思います。

良心を心掛けている僕でも的外れだと思います。フォローできません。

的確に返答していれば、ここまで第三者からバッシングされなかったはず。

 

まとめると

クレーム対応では

1.相手が悪くとも、上から正論はNG

2.相手の質問に対してごまかすことなく、的確に答える

 

この二点が重要となります。

 

その3 クレーム対応で自己正当化はご法度です

クレーム対応をしていると、感情的にガンガン詰め寄られることもあるので

何でこんな変人に絡まれているんだろうとか

ここまで言わなくていいじゃんとか

自分の中に被害者意識がわいてきます。

もちろんクレーム処理後、

「客が理不尽なクレームつけてきた」「あの客常識なさすぎ」みたいに

スタッフ同士内輪で鬱憤を吐き出すのは多々あります。

 

が、その鬱憤を相手にわかるところで言ってはいけません!

 

www.miyahaya.com

 

こちら側が些細でもミスをして、相手に不快な思いをさせていることも多いです。

些細なミスに対してのクレーム処理はつらいですし、過剰反応にも思えます。

しかし

落ち度は落ち度です。

相手がいくら熾烈に反応したからといって、これは変わることのない事実です。

今回の場合でも50円という小さな、でも確かな損害を与えているのです。

 

それを

 

1.お客様()を無視しながら内輪のうっぷん晴らしに入ってはダメ。

肉体的な社会ではこれはないと思いますが・・・

 

2,素直に非を認めること。謝罪しないのはNG

 非を認めても「迷惑かけた相手に」ごめんなさいしなかったら意味ないです。

ただ、全面的に謝罪するとクレーマーがつけあがるので、部分的に謝るのがコツ。

 

まとめ

クレームを燃え上がらせないためには

1.まずは自己防衛の事前対策

2.相手が悪くとも、上から正論はNG

3.相手の質問に対してごまかすことなく、的確に答える

4.お客様()を無視しながら内輪のうっぷん晴らしに入ってはダメ。

5,非があれば素直に認めること。謝罪しないのはNG

 

4番以外はネット社会以外では役に立たないかもしれませんが、

それ以外はクレーム対応のNG集として勉強になる事例でした。

 

確かに50円で労働をというのは無茶ぶりいちゃもんだとは思います。

しかしながら対応の仕方があまりにもへたぴっぴ。

 

・・・やっぱり炎上が目的だったのかなー(´゚д゚`) 

女性活躍社会と単身赴任社会を両立するから少子化するんじゃん。

絶賛就職活動中の24歳るるくんです。

 

ところで、僕には年上の彼女がいます。

7つほど上の彼女からの

妊活したいというプレッシャーに日々耐えながら

就職の優良物件を探す日々です。

身体が弱いこともあり、前職みたいなブラック寄りのグレーで働くと

再起不能になるかもしれません。

 

結婚することを前提に考えたら

転勤頻度の多い職場は基本NGになってきます。

彼女は働きたいと言っているからです。

女性活躍社会です。

 

この条件は割と厳しいものがあり、

転勤なしを選ぶ、地方正社員制度がある会社もあります。

地方正社員は正直給料低いです。

ただし、女性活躍社会といえど、

男性の家族を支える責任は軽減されていません。

地方正社員では、男だけでは正直子供まではもてないでしょう。

 

そのため、仮に僕がこの条件を緩和し転勤有の仕事についたとします。

好きという気持ちをないがしろにしたくないために彼女と結婚したとします。

 

でも彼女は仕事を続けたいので、転勤についてこれません。

 

そう、僕に待ち受けてるのは、単身赴任

 

もし妊活したとしたら、彼女は働けなくなります。

身体のこともあり、よけいに動けません。

 

しばらく転勤が落ち着いて、

それから子供を設ければいいじゃんという意見もあるかと思います。

 

しかし、彼女が年上の場合、それには高齢出産というリスクが付きまといます。

女性活躍社会といいますが、子供の面倒を見るためには、

彼女の仕事に制限が付きます。

 

それでも僕にはイクメンとして、子供の面倒をみる術はありません。

 

なぜならば、転勤頻度が多く、単身赴任当たり前の職場では子供の面倒どころか、

 

子供に会えない状態になる。

 

全国には百万人の単身赴任者がいるそうです。

 

多くの会社が夫婦を引き離している状態で、

 

なにがイクメンなんでしょう。

なにが子育て支援なんでしょう。

なにが、少子化対策なんでしょう。

 

ついでにいうと、

男性が年下で、女性が年上の場合は僕のようなジレンマがあるからね。

ブログで○○万いきました←それでどうするの?

はてぶ界隈を見ていると

ブログ収入○○万いきました!みたいな記事があふれています。

あふれて過ぎてて、僕みたいな弱小ブロガーには、少し食傷気味です。

そして面白くない。僕の嫉妬心も含めて。

 

その稼げましたの記事がなんでこんなに面白くないんだろうと考えてみたところ

結局そのあとの展開が全く書いてないことが多いとわかりました。

 

お金は目的ではなく、手段である

 

お金はあくまでも目標を達成するための手段です。

ブログで何万いきましたの記事にはその使い道が書いてないことが多いので、

結局誰かの二番煎じになってしまっている感じがします。

 

お金を稼ぐことが「目的」になってしまっていないか?

お金で何を実現したいのか?真の目的は何か?

この問いは人生を豊かにするうえで非常に重要です。

 

また、コンテンツ的にも多様性が出せる部分です。

ブログで○○万いきました→だからこんなことします!

っていうのが非常に夢のある話になるんじゃないかなぁと。

副業としてのお小遣い稼ぎとしても、

 

お金稼ぎました!で話が終わる人

 

稼いだお金でこんなことしましたと話がふくらむ人

 

どっちが人間として魅力的に映るかといったら絶対後者

 

ブログで稼げたらどうしたいか

もし僕がブログでまとまったお金を手にできたら

全身永久脱毛します!

ケノンもいいけど、やっぱり気が長すぎる。

家庭用脱毛としては十分なくらいなんですけど、

僕はコンプレックスに向き合うことが苦手みたいで・・・

処理をしているときによく自己嫌悪に陥ります。

それだったら完全に医療脱毛したほうがいいのかなと最近思い始めました。

 

そんでコンプレックス解消したら、自信をもって次のステップに進めたらいいな。