理不尽の国のアリス

世界は歪んでいる。私の認識が歪んでいる。どちらでしょうか。

花火大会の後に何発の花火()が上がるのかのエセフェルミ推定(小並感)【プチ下ネタ】

花火大会の季節です。

さてさて、花火大会のお約束といえばリア充

リア充たちは花火の後に、どれだけの花火()を打ち上げるのでしょうか。

 

ちょっと推定してみましょう。

 

花火大会の全体の来場数

例えば、九州・福岡で行われる大濠公園の花火大会

来場者数は45万人とされています。(公式より)

www.nishinippon.co.jp

 

そのうちの何%がリア充なのでしょうか。

 

近しい年代でアンケートを取った独身女性へのアンケート(※1)で37%に彼氏がいることが分かっているので、

 

 

www.onecareer.jp

 

と、平常時でみると、37%という少ない数字がリア充という数字がありますが、

 

花火大会はそもそもリア充の巣窟。

周りを見るとカップルばかりです。

 

あとは友達同士でも、

花火大会が終わったらリア充にクラスチェンジしているかも。

ナンパに引っかかる女の子もいるでしょう。

 

除外対象としては

・小さい子供

・クラスチェンジできなかった友達同士

・友達同士でワイワイしたい人

・観光の外国人

 

ということで、来場者の60%くらいがリア充すると推測しておきましょう。

 

27万人のリア充÷2

 

13.5万組のリア充がひと夏の思い出を作っているとします。

 

そのうちの何%が花火()を打ち上げるかですが

 

 

と、スタッフの証言からも、リア充の巣窟は混みます。

かなりの組がコトに及ぶと考えていいでしょう。

 

ここからの除外条件として

・プラトニックな高校生

・高齢夫婦

・ナンパしてもコトに持ち込めなかった人

・コトに及ぼうにも場所がなかったり、

 帽子を用意し忘れなどのタイミング逃した人

 

などがいますので、

花火()を打ち上げられるのが70%くらいと考えましょうか。

 

というわけで、

 

13.5×7/10で9.45万発の花火()が打ちあがる計算・・・

 

ここで終わりではありません。

 

花火大会のひと夏の思い出

美しいものを一緒に見たという共有体験

イベントの盛り上がり

いつも以上にお洒落して可愛くなった彼女

 

一発の花火()では終わらないかもしれません。

 

30%くらいでしょうか(検索結果からの推測)

 

ということで、

 

約12万発の花火()が追加で打ち上げられることになりそうです。

 

さて、リア充になれなかった40%の方はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

50円ブロガー宮森はやと氏炎上はクレーム処理の反面教師である

前職はコールセンター社員・るるくんです。

よくクレーム案件を引き当てることで有名でした(´・ω・`)

 

皆さまご存知の通りコールセンターは顔が見えない分、

対面よりもクソ変わったお客様が多い職場です。

一日最低一件のクレーム処理はアタリマエ(´゚д゚`)

一年でかなりの対応ができるようになりました。

対面での接客販売も経験し、人は善人だけではないことが身に沁みました。

 

そんな僕からすると

プロブロガー・・・

いや、50円ブロガーの宮森氏の今回の対応は

事の是非はおいておいて。

クレーム対応の反面教師としていい教材です。

 

※以下の記事中に悪質などという言葉を使いますが、

「宮森氏から見れば」悪質という意味です。

 

事の発端はこちらの記事

www.miyahaya.com

 

詳しいやりとりは、

togetter.com

をご覧ください。

 

その1:注意書きをつけることを怠った

世の中の多くのCMに

※これは個人の感想です ※返品の際の送料はお客様負担となります

などなど、いろんな注意書きが小さい文字で書いてあると思います。

 

これは企業の自己防衛です。

悲しいことに、世の中には良心あふれる方ばかりでなく

お客様()も存在します。

そんなお客様()が多いほどこの注意書きが増えていきます。

僕自身もこの注意書きの穴をつかれて手痛いクレームに当たったことがあります。

その時は会社が大幅な譲歩をすることになり、広告担当の部署をガチで恨みました。

 

まっとうな商売をしている企業にすら変人はやってくるのです。

個人ブログで、なおかつ50円というハードルの低い募集に

悪質な依頼がくることは容易に予想ができたはず。

予防線を張ることを怠たったことで、クレーマーを寄せつけました。

 

その2 クレーマーを諭そうとしてしまった

彼のポリシーだのなんだのは置いておいて

彼は依頼者を諭そうとしてしまった。これはクレーム対応のご法度です。

 

 

「僕の身になったらどう感じますか?」という言葉を

「良心的に痛まないのですか?」と僕は解釈します。

 

「正論的なこと」を言おうとした。これが大きな間違いです。

事の是非はおいておいて、

正論をいうことは、相手が間違っていると伝えることです。

クレーム対応において相手を逆上させる行為になります。

 

その後の対応も杜撰で

「なんでもするって言った」→「じゃあ犯罪するの?」

という極端な例を持ち出したり、

「依頼者のためになることじゃないとやりたくない」

論点がズレズレです。

 

そもそも彼の対応は正論ですらありませんでした。

依頼は自分の代わりに日雇労働をしてお金を振り込んで欲しいというもので

犯罪のような社会的な違法性もなく、お金は「依頼者のためになるもの」です。

 

お客様()からすれば宮森氏が自分の質問に答えず、

的外れなことを言ってごまかそうとしているようにしか聞こえないと思います。

良心を心掛けている僕でも的外れだと思います。フォローできません。

的確に返答していれば、ここまで第三者からバッシングされなかったはず。

 

まとめると

クレーム対応では

1.相手が悪くとも、上から正論はNG

2.相手の質問に対してごまかすことなく、的確に答える

 

この二点が重要となります。

 

その3 クレーム対応で自己正当化はご法度です

クレーム対応をしていると、感情的にガンガン詰め寄られることもあるので

何でこんな変人に絡まれているんだろうとか

ここまで言わなくていいじゃんとか

自分の中に被害者意識がわいてきます。

もちろんクレーム処理後、

「客が理不尽なクレームつけてきた」「あの客常識なさすぎ」みたいに

スタッフ同士内輪で鬱憤を吐き出すのは多々あります。

 

が、その鬱憤を相手にわかるところで言ってはいけません!

 

www.miyahaya.com

 

こちら側が些細でもミスをして、相手に不快な思いをさせていることも多いです。

些細なミスに対してのクレーム処理はつらいですし、過剰反応にも思えます。

しかし

落ち度は落ち度です。

相手がいくら熾烈に反応したからといって、これは変わることのない事実です。

今回の場合でも50円という小さな、でも確かな損害を与えているのです。

 

それを

 

1.お客様()を無視しながら内輪のうっぷん晴らしに入ってはダメ。

肉体的な社会ではこれはないと思いますが・・・

 

2,素直に非を認めること。謝罪しないのはNG

 非を認めても「迷惑かけた相手に」ごめんなさいしなかったら意味ないです。

ただ、全面的に謝罪するとクレーマーがつけあがるので、部分的に謝るのがコツ。

 

まとめ

クレームを燃え上がらせないためには

1.まずは自己防衛の事前対策

2.相手が悪くとも、上から正論はNG

3.相手の質問に対してごまかすことなく、的確に答える

4.お客様()を無視しながら内輪のうっぷん晴らしに入ってはダメ。

5,非があれば素直に認めること。謝罪しないのはNG

 

4番以外はネット社会以外では役に立たないかもしれませんが、

それ以外はクレーム対応のNG集として勉強になる事例でした。

 

確かに50円で労働をというのは無茶ぶりいちゃもんだとは思います。

しかしながら対応の仕方があまりにもへたぴっぴ。

 

・・・やっぱり炎上が目的だったのかなー(´゚д゚`) 

女性活躍社会と単身赴任社会を両立するから少子化するんじゃん。

絶賛就職活動中の24歳るるくんです。

 

ところで、僕には年上の彼女がいます。

7つほど上の彼女からの

妊活したいというプレッシャーに日々耐えながら

就職の優良物件を探す日々です。

身体が弱いこともあり、前職みたいなブラック寄りのグレーで働くと

再起不能になるかもしれません。

 

結婚することを前提に考えたら

転勤頻度の多い職場は基本NGになってきます。

彼女は働きたいと言っているからです。

女性活躍社会です。

 

この条件は割と厳しいものがあり、

転勤なしを選ぶ、地方正社員制度がある会社もあります。

地方正社員は正直給料低いです。

ただし、女性活躍社会といえど、

男性の家族を支える責任は軽減されていません。

地方正社員では、男だけでは正直子供まではもてないでしょう。

 

そのため、仮に僕がこの条件を緩和し転勤有の仕事についたとします。

好きという気持ちをないがしろにしたくないために彼女と結婚したとします。

 

でも彼女は仕事を続けたいので、転勤についてこれません。

 

そう、僕に待ち受けてるのは、単身赴任

 

もし妊活したとしたら、彼女は働けなくなります。

身体のこともあり、よけいに動けません。

 

しばらく転勤が落ち着いて、

それから子供を設ければいいじゃんという意見もあるかと思います。

 

しかし、彼女が年上の場合、それには高齢出産というリスクが付きまといます。

女性活躍社会といいますが、子供の面倒を見るためには、

彼女の仕事に制限が付きます。

 

それでも僕にはイクメンとして、子供の面倒をみる術はありません。

 

なぜならば、転勤頻度が多く、単身赴任当たり前の職場では子供の面倒どころか、

 

子供に会えない状態になる。

 

全国には百万人の単身赴任者がいるそうです。

 

多くの会社が夫婦を引き離している状態で、

 

なにがイクメンなんでしょう。

なにが子育て支援なんでしょう。

なにが、少子化対策なんでしょう。

 

ついでにいうと、

男性が年下で、女性が年上の場合は僕のようなジレンマがあるからね。

ブログで○○万いきました←それでどうするの?

はてぶ界隈を見ていると

ブログ収入○○万いきました!みたいな記事があふれています。

あふれて過ぎてて、僕みたいな弱小ブロガーには、少し食傷気味です。

そして面白くない。僕の嫉妬心も含めて。

 

その稼げましたの記事がなんでこんなに面白くないんだろうと考えてみたところ

結局そのあとの展開が全く書いてないことが多いとわかりました。

 

お金は目的ではなく、手段である

 

お金はあくまでも目標を達成するための手段です。

ブログで何万いきましたの記事にはその使い道が書いてないことが多いので、

結局誰かの二番煎じになってしまっている感じがします。

 

お金を稼ぐことが「目的」になってしまっていないか?

お金で何を実現したいのか?真の目的は何か?

この問いは人生を豊かにするうえで非常に重要です。

 

また、コンテンツ的にも多様性が出せる部分です。

ブログで○○万いきました→だからこんなことします!

っていうのが非常に夢のある話になるんじゃないかなぁと。

副業としてのお小遣い稼ぎとしても、

 

お金稼ぎました!で話が終わる人

 

稼いだお金でこんなことしましたと話がふくらむ人

 

どっちが人間として魅力的に映るかといったら絶対後者

 

ブログで稼げたらどうしたいか

もし僕がブログでまとまったお金を手にできたら

全身永久脱毛します!

ケノンもいいけど、やっぱり気が長すぎる。

家庭用脱毛としては十分なくらいなんですけど、

僕はコンプレックスに向き合うことが苦手みたいで・・・

処理をしているときによく自己嫌悪に陥ります。

それだったら完全に医療脱毛したほうがいいのかなと最近思い始めました。

 

そんでコンプレックス解消したら、自信をもって次のステップに進めたらいいな。

 

トーマス・マン『道化者』における社会不適合者・ニートの苦悩

キラキラリア充なんて死んでしまえ!

こんな劣等感にさいなまれている現代ニートですが、

19世紀から20世紀にかけて活躍したドイツの作家

トーマス・マン(1875-1955)は

この劣等感を鮮明に描きました。

 

その作品とは「道化者」Der Bajazzo (1987)

 

ニートとひとくくりにしましたが、

正確に言えば社会に対して適合できない人間

感受性の強い、思考的、精神的主体の苦悩

 

キラキラリア充に対する嫉妬や劣等感を

現代に通じる形で描写しており、

精神的ヒエラルキーは時代に通じることが

ありありと実感できます。

 

実吉先生の訳の短編集に収録されています。

トオマス・マン短篇集 (岩波文庫 赤 433-4)

トオマス・マン短篇集 (岩波文庫 赤 433-4)

 

 

 

以下引用と考察です。ページは岩波のトオマス・マン短編集より。

ネタバレ注意です。

 

トーマス・マン『道化者』における社会不適合者・ニートの苦悩

 

主人公はとある町の裕福な家庭で育ちます。小さい頃は

おちゃらけもので、クラスの人気を集めるキャラです。

 

 確かなのは、おれがおそろしい腕白小僧だったことで、おれは家柄のよいのと、教師のまねを模範的にやるのと、種々様々な役者の身振りをするのと、それから一種大人びた言葉を使うのとで、同級生仲間に、尊敬と人望とを博することを心得ていた。だが、授業の時には、ひどい目に会った。なぜというに、教師の動作から滑稽味を探し出すほうにあまり忙しくて、そのほかのことには気をとめるひまなんぞなかったのである。それに家ではまた、オペラの材料になる韻文や、雑多なでたらめで、あんまり頭をいっぱいにしていたので、本気になって勉強なんぞできなかったのである。

p35

 

 韻文の才能、音楽の才能などもあり、

今でいうサブカル男子に近いものを感じます。

 

ただ、音楽などはガッチガチの先生に習っても半年しか続きません。

正式なルールなんて嫌いだ!ってタイプです。

「自由に楽しくピアノを弾いて、なにが悪いんですか?」って

のだめみたいですね。

 

このように、人に囲まれて人気者でいながらも陰キャラの片鱗を見せ始めている主人公

 

快活に人気者として、知人親戚の仲間うちに活動していた。しかもほんとはこの無味乾燥ななんにもない人たちを、ある本能からことごとく軽蔑しはじめていたのだが、おれは物慣れた様子で、お世辞屋ぶるのが嬉しさに、お世辞をよくしていたのである。p36

 

でました! 内心人を見下しちゃうタイプです。

おれのほうがわかってるんだ!って根拠のない自信。

 

そして彼は材木店で見習いをやるのですが、情熱などは一切なし。

さっさと仕事を片付けて、本を読み、感受性に身を任せる日々です。

 

そんなある日のこと、お父さんが死にました。

町を挙げて葬儀するほどの家柄です。主人公は大きな遺産を手に入れました。

また、兵役も免除されており、自由な生活の幕開けです。

ヨーロッパを放浪し、芸術に、精神的な喜びに身を任せます。

といいつつ、世間からみたら遊び暮らしているだけです。

 

その後ドイツに戻ってくると、部屋を借りて腰を落ち着けます。

彼は預金の利息で生活をします。働いたら負けですね。

元手が大きいので利息も人並みに暮らせるくらいにあります。

ただ、贅沢をガンガンできるわけではないので

衣食を削って趣味にお金をかけます。

 

なお忘れずにいっておくが、おれはいろんな用をいくぶん理想主義的に片づけて、日々の生活に、できる限り豊富な「内容」を与えようと、本気になって気を配っていたのである。食事もささやかにすませ、着物もたいてい一着しか持たず、つまり、肉体的の欲求には努めて制限を加えて、その代り、いっぽうでは、オペラや音楽界の上等席に高い料金を払ったり、新しく出る文学書を買ったり、そこそこの美術展覧会に行ったりすることができるようにした。

p48

 

今でいうと、服と食べるものを節約して、

ライブやコミケに行ってるようなもんですねw

 

※芸術だからサブカルに勝るとかそんな理屈はないです。

その時に流行っていたものの一部が、長い時を経ても生き残り

「芸術作品」と評価されるようになっただけ。

 

肉体的、実務的な実世界には「内容」はなく、

精神的な喜びを求めているわけです。

 

ちなみに彼はぼっちでした。

上流階級にも入れず

ボヘミアンのような無政府主義でもなく。

どこにも属さないぼっちでした。

 

さて彼の最強ニートっぷりがそろそろわかっていただけたかと思います。

 

社会とのつながりもなく、ただ延々とエンタメを消費する生活

そんな彼も自分が本当に幸せなのか、悩み始めます。

よく考えてみると、おれは次の詭弁的なばかげた概念差別を、自白せざるを得ない。内的幸福と外的幸福の差別である。ーーー「外的幸福」、それはいったいどんなものか。ーーー世にはその幸福が天才であり、その天才が幸福であるような、神の寵児とも見るべき人たちがいる。光に住む人たちである。目には太陽の映像と反射を宿しながら、軽く優雅に愛想よく人生を踊り渡ってゆく。すると世間は、そういう人たちを取り巻いて、嘆美し称揚し嫉妬し、しかも愛慕する。ねたみでさえ、彼等を憎む力はないからである。ところが彼等は、子供のような様子をしている。皮肉で我儘でむら気で高慢で、明るい人なつっこさがあって、自分の幸福と天才とを恃んでいて、さながら、そのすべては決して変わることはないといった風である。ーーーp53

なんか小難しく書いてありますが、外的幸福とは

現代風に言うとキラキラリア充です。

 

フェイスブックで、インスタで、

いいねを集めるキラキラ感が

自分には決して手に入らないものだと

ヒキニートのみんなは自覚していることでしょう。

ええ、リア充たちは「神の寵児」なのです。

 

主人公もリア充をうらやましく思いながらも、

自分の孤独を「哲学的孤独」とか言っちゃったりして

認めたくないけど自己劣等感・・・みたいな状態に陥ります。

 

そんなある日のこと。

お散歩をしていると、馬車の手綱を引く綺麗なおねえさんを見かけます。

思わず目をとられるほどのキラキラ感。

おれの感じていたものは喜びと嘆賞であった。が、同時に、なにかある奇妙な刺すような苦痛が起こってきた。あるにがい重苦しい感じである。---嫉妬の念か、愛慕の念か。---おれは突きつめるのがこわかったーーーあるいは自蔑の念であろうか。p57-58 

 そんなキラキラリア充の女子を目の前にして、劣等感を感じちゃう系男子。

 

その後、その綺麗なおねえさんを、偶然にもオペラで発見します。

父と思われる老紳士と観劇に来たのでしょう。

オペラではなく、彼女に注意を惹かれていた主人公。

そこで彼は衝撃的なものを目にします。

リア充男子が登場、彼女の手に口づけをする姿です。

そして彼は彼女の隣を占領してみせたのです。

彼女と観劇デートです。

現代だったらフェイスブックの投稿に、いいねが100個ぐらい付くでしょう。

 

 

ちなみにリア充男子、肉体派で超絶マッチョです。

自信に満ち溢れたふるまい。綺麗に整えられた服。

そして、後に分かりますが、陪審判事という仕事についています。

「仕事ができるイケメン男子」みたいな感じで

女性誌に特集を組まれそうな感じです。

 

そんな光景を見せつけられたものですから、

主人公は、あまりの自分との差に、強烈な劣等感に襲われます。

挙句の果てにはオペラが閉幕した後、3人の後を付いていき

お嬢様の住所を特定しちゃいます。

ちなみに彼女のお父さんは「法律顧問官」というお堅い職業と判明。

主人公とは住む世界が違います。

 

そして主人公は、慈善バザーに彼女が来るだろうと踏んで、

イベントに乗り込みます。もはやストーカーです。

彼女は葡萄酒とレモネードを売っており、例のリア充彼氏も一緒です。

主人公は彼女に近づき、口説こうとします。はっきりいって自殺行為です。

 

昔みたいに軽妙な冗談が言えるのか、それとも完全にコミュ障になってしまったのか

それが今こそはっきりするときです。

 

なにが起ったか。いや、なんにも。---会話がはたと止んで、見覚えのある男は、---、縁も紐もない鼻眼鏡をおさえると、その指の間からおれを眺めた。そして若い夫人は、落ち着いた、吟味するような視線を、俺の上にーーー服をずっと伝わって靴まで滑らせた。おれの服は決して新しくないし、靴も巷の埃にまみれている。それは自分でも知っている。その上のぼせてもいるし、髪もきっと乱れているだろう。おれは冷静でもなく、奔放でもなく、得意な境遇にいるわけでもない。異端で、権利のない、ここにふさわしくない人間である自分が、この場をさまたげて、われから恥をかいているのだという感じが、おれをおそった。おぼつかなさと心細さと憎しみと悲嘆とで、おれの視線は乱れた。で、つまりおれは、陽気な企てを実行するというのに、暗くしかめた眉と、しわがれた声と、しかもそっけない、ほとんど乱暴な調子とで、こういったのである。

「葡萄酒を一杯お願いします。」 p65-66

 

これでもかと自意識過剰を発動させて言いたいことを言えませんでした。

意気揚々と口説きにいったものの結果として無様な醜態をさらしただけでした。

過去の栄光にすがりつこうも、それはことごとく崩れ去っていたのです。

ちなみにこのあとリア充たちが結婚したことを知る主人公。

 

彼の「内面的幸福感」(サブカル消費の精神的享楽)は

真のリア充たちを前にしてばっきばきに、これでもかと打ち破られます。

ニートを存分に楽しむも、次第に懐疑的になり、

真のリア充にはかなわないことを思い知るのです。

自分の生活には決していいねが付かないことを思い知るのです。

 

小難しい言葉で観念的なことが並べてあるので難しく感じますが、

(しかも戦前の日本語での訳なので余計に)

こうやって分析してみると、ニートリア充に対して抱く劣等感を

これでもかと思い知らせるように如実に描いていることが分かりますね。

 

ちょっとでも面白そうだなと思った人はぜひぜひ手に取ってみてください。

 

トオマス・マン短篇集 (岩波文庫 赤 433-4)

トオマス・マン短篇集 (岩波文庫 赤 433-4)

 

 

こうやって解釈で遊ぶと、文学は最高におもしろい。

医療レーザー脱毛を体験した結果、ヒゲの永久脱毛をお勧めできない6つの理由

先日5/26に湘南美容外科にて、ヒゲの永久脱毛(六回目)をしました。

 これで99%のひげが撃退できた気がします。

 

以下の画像は、5/26より6/8まで

カミソリなど一切処理をしていない画像になります。(画像未加工)

 6/8撮影

f:id:lulufoy:20160609164028j:plain

 

オトコの根こそぎレーザー脱毛

でも永久脱毛をしている男性って奇特な人間のカテゴリーに入るんですよね。

 

ヒゲ処理ならカミソリでいいじゃん。

って方が世の中の大多数だと思います。

僕も本当にその通りだと思います。

なぜならこんな人には下記のような素晴らしい理由があるからです。

これらの理由に納得いただけるのであれば、ヒゲを永久脱毛しないでください。

必ず後悔します。

ヒゲの永久脱毛はやめたほうがいい6つ理由

 

1.15%のヒゲが好きな女性と付き合いたい

 

www.excite.co.jp

マイナビウーマンの調べでは、

なんと15%もの女性がヒゲを好む傾向にあるそうです。

他の媒体の調査でも、大体±5%の誤差でこの傾向がみられます。

永久脱毛をしてしまうと、

この15%のヒゲ好きの女の子にアプローチしづらくなってしまいます!

85%の女性には見向きもせず、マイノリティーの女性を狙いたい貴方は

絶対にヒゲを永久脱毛してはいけません!!!

 

2.ヒゲが似合う顔である。ヒゲはファッションだ

 

もしあなたがヒゲが似合う顔であれば、

ファッションの選択肢の一つを無くしてしまいます。

もしあなたが

f:id:lulufoy:20160609182610j:plain

 

f:id:lulufoy:20160609182633j:plain

こんな感じのヒゲが似合う顔であれば、ヒゲファッションを楽しめなくなります。

ワイルドなヒゲを好む15%の女性にモテなくなります。やめましょう。

 

3.朝ちょっとでも早起きするのが好きだ

 

朝ヒゲを剃る時間がなくなると、

5分間くらいの時間が空いてしまうわけです。

これはより長くお布団にいることができるため、怠惰な生活につながります。

早起きの習慣がなくなってしまいます。

より自分を律し、朝の時間を忙しく過ごしたい方には絶対おすすめできません。

 

4.貞操を守り、純粋な人生を捧げたい

朝7時にヒゲを剃ったとしても、

夜にはうっすら青髭になってしまうことはありませんか?

なぜならばヒゲが伸びるピークは6時~10時だからです。

朝剃ってもひげは伸び続けます。

どんなイケメンでも青髭があると、残念な印象になります。

アフターファイブに好意を持たれることも少なくなると思います。

夜のチャンスとは無縁ですね。

貞操を守り、純粋な人生を捧げたい人は絶対に脱毛してはいけませんね。

 

f:id:lulufoy:20160609185409j:plain

 

 

5.カミソリメーカー・ジェルのメーカーに勤めている

 

ヒゲの永久脱毛をすると、ヒゲを剃る機会が無くなります。

そうなると、カミソリ、ジェルを買わなくなります。

カミソリのメーカー・ジェルのメーカーにお勤めの方は、

会社の商品を使うことができなくなります。

永久脱毛はカミソリメーカーさん、

ヒゲのジェルを販売しているメーカーさんの

売り上げを無くしてしまう行為なのです。

自分の財布を犠牲して、会社に貢献したい愛社精神溢れる方にはお勧めできません。

 

6.消費税をたくさん収めて国の財政に貢献したい

 

髭剃りの支出がなくなると、国の財政に貢献できません。

仮に20歳から定年の65歳まで毎月カミソリとジェルを買うとします。

ジェルとカミソリは少なくとも一か月に一回買い替えるものとして、

1000円/月と考えます。

そうすると、45年間でヒゲのお手入れ費用として

 

1000円×12(ヵ月)×45(年)=54万円

 

の支出をすることになります。

現在の税率で計算すると、43,200円の消費税がここに課されます。

30歳から計算して42万円です。

 

片や、永久脱毛の場合、

湘南美容外科の4年間無制限プランで計算すると、

 

鼻下・あご・あご下で69,800円(税込)

部位を追加しても、

ほほ・もみあげ追加で63,180円(税込)

首の部分追加で48,600円(税込)

 

フルコースのヒゲ脱毛を検討しても、181,580円です。

そのうちの消費税は13,720円です。

 

カミソリとジェルで毎日のお手入れをするほうが、

切迫した福祉の財源が増えることがわかっていただけたかと思います。

さらに、消費税はこれから上がることが予想されますので、

より多くの税金を納めることができると思います!

日本国民として、誉れある生活ですね!

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

もしかしたら、画面の前でうんうんと首を縦に振り、ご参同いただけたかと思います。

 

しかし、もし万が一(億が一にもありえませんが)

この理由のどれか一つにもご納得いただけなければ・・・

ヒゲの永久脱毛はあなたに素晴らしい人生をもたらしてくれると信じてます。

 

ひげ脱毛

 

 100回投稿記念におふざけ記事を書いてみました。

電タバ貴族のまっさー様のブログをパクりリスペクトしてみました。

永久脱毛楽ですよ♪

オナ禁と射精嫌悪と自己嫌悪と性自認

「男性性」への不快感と自己嫌悪。

 

wotopi.jp

上記記事を見て、

自分は誤解で突っ走ってホルモン打たなくてよかったなと思い出しました。

 

それと同時に、この調査状況から、自分の経験から、

「射精嫌悪感」を性自認の問題だと誤解している子もいるんじゃないか

ホルモン打って戻れないとこまでいく子もいるかもしれないなと

危惧しているところでもあります。

 

性自認に悩んでいる人はとりあえず僕の経験を読んでみてほしい。

 

オナ禁に求めた「非男性性」

こんなアンケート結果もある。高校生の男女に行ったあるアンケートでは、「射精は汚らわしいもの」「射精は恥ずかしいもの」と答えた男子生徒がそれぞれ14.3%、19.5%いた。これは「月経は汚らわしいもの」「月経は恥ずかしいもの」と答えた女子生徒(4.7%、12.4%)よりも多い数字だ。

 

僕は高校時代~大学時代初期にオナ禁をしてました。

 

決して女の子になりたいわけではないのですが

射精の虚無感などから、「男性」であることが気持ち悪い時期でもありました。

 

また女子からの「気持ち悪い」爆撃を受けたこともあり、

自分への嫌悪感は最高潮に達していました。

スクールカーストで最下位を誇っていた僕。当然自信なんかありません。

 

僕は今でこそ、オナ禁の効果は非効率的なものであり、不毛だと断じていますが

自分を変えたい僕は、藁にもすがる気持ちです。

 

自分への嫌悪感が射精への嫌悪感と混ざりあい、男性性への不快感につながり、

オナ禁にストイックに打ち込むことになりました。

 

毎日のように豆乳を飲み。

時にはプエラリアを飲んでまで性欲を抑えようとしていました。

プエラリアの性欲減退効果は本物です。

男性の性欲はテストステロンの分泌のピークである17歳あたりと言われますが、

17歳~20歳当時の回数が月1程度で済んでいました。

 

出したら男性特徴が強くなってしまう

 

恐怖と、それでもわいてくる体の欲求とのジレンマにさいなまれていました。

 

※現在の男性機能には問題は一応見られません。

 精子数は検査してないのでわかりません。

 

※ストイックに打ち込んだ結論として、

 オナ禁に抑毛などの効果が一切ないことがわかりました。

 

DHC 濃縮プエラリアミリフィカ 20日分 60粒

DHC 濃縮プエラリアミリフィカ 20日分 60粒

 

射精への嫌悪感と性自認のゆらぎ

 

「男性性への忌避」から自分はMTFなのではないかという誤解もありました。

 

今ではとまん君の活躍もあり、

ジェンダーの壁を超えることに対する世間の目は緩んできています。

しかし当時は、中間層はあまり認められた存在ではありませんでした。

 

「自分が男性であることが不快だ=自分の性自認は女性なのではないか」

そんな疑問が頭をよぎりました。

 

一刻も早く自分への嫌悪感から解放されたい高校生には

男性への嫌悪・自分への嫌悪を分けて考える余裕はありません。

 

椿姫様の本を読み漁ったり、 両声類になろうと喉を潰し。

もう必死です。

 

文化祭などで女装する機会では「自分」とは違う存在になれた気がして

救われた気がしたのです。

 

わたし、男子校出身です。―Comic

わたし、男子校出身です。―Comic

 

 

大学へ進学するにあたり、田舎から都会へと環境が変わりました。

すると、自分がある程度受け入れてもらっている感覚がありました。

 

自分がMTFではないかという疑問がするりとほどけていったのを覚えています。

人から受け入れられなかった「自分への嫌悪感」が、

「男性性」への嫌悪感とつながっていたのです。

 

自分のことを綺麗とほめてくださる方がいるのはありがたいことです。

 

今でも「男性らしさ」を押し付けられるのは苦手です。

ただし、射精などに対する嫌悪感は全くなくなりました。

 

その反動か知りませんが、今ではむしろオープンです。うぇるかむです。

性を肯定してあげると、こんなにも生きやすい。

 

「射精の自己嫌悪」からの逃げ方

この経験から言えるのは

まずは自分の感情を整理してみようってことです。

苦しい、気持ち悪いと感じたら紙に書き出してみましょう。

 

そうして、自分がホントは何を求めているのかを考えてほしい。

自分みたいに不要なジレンマに苦しんでほしくない。

 

ホルモンはもとには戻れないのでよく考えること。