読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理不尽の国のアリス

世界は歪んでいる。私の認識が歪んでいる。どちらでしょうか。

トーマス・マン『道化者』における社会不適合者・ニートの苦悩

キラキラリア充なんて死んでしまえ! こんな劣等感にさいなまれている現代ニートですが、 19世紀から20世紀にかけて活躍したドイツの作家 トーマス・マン(1875-1955)は この劣等感を鮮明に描きました。 その作品とは「道化者」Der Bajazzo (1987) ニートと…