読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理不尽の国のアリス

世界は歪んでいる。私の認識が歪んでいる。どちらでしょうか。

生活保護を取り扱っている漫画がすんごく面白い件

社会 心理・思考
スポンサードリンク

理不尽というか、よく槍玉に挙げられる生活保護の問題。

matome.naver.jp

 

あと最近のニュースだと、別府市のパチンコ禁止が話題ですね。

diamond.jp

 

その生活保護問題を扱った漫画がすんごく面白いです。

 

 「健康で文化的な最低限度の生活

 

新人ケースワーカーと、生活保護受給者のかかわりを描く物語です。

 

よく読んでみるとたまにはっとする記述があったり。

こぶとりじいさんの教訓とはいったい何だったのか?

のん気で明るい、よいおじいさんと、心の狭い悪いおじいさん。

鬼の前でも愉快に踊るよいおじいさんと、

鬼の前で緊張して上手く踊れなかった悪いおじいさん。

二人の人生の明暗を分けたのは結局のところ、

ノリのよさ 踊りの上手さ のみ

「心が狭い」とされるおじいさん。今、思い返すと

ただ「生真面目さが裏目に出る」タイプではなかったか。

しかしその結果がコレである。

釈然としないものが残る・・・  (3巻第21話冒頭部分より)

思わず「こぶとりじいさん」と検索しました。(笑)

 

もちろん、いい話ばかりでなく、イライラが募る話もあります。

この第21話は

生真面目なケースワーカー(ちなみに3巻表紙の子)と受給者の話ですが、

 

オチを読んだ瞬間、受給者にイライラすること間違いなしです!

むしろ、イライラする話が多いかもしれません。

 

それぞれ事情があるかもしれないけど、どうして理由も言わず、

そういうひねくれた態度をとるのっ!

ってなること必至です。

 

それを聞き出すのが技術かもしれませんが・・・

 

ともかく、漫画といっても、法テラスや、現職ケースワーカーの方に取材をしてるらしいのである程度の現実の制度に即した話作りが行われており、実際の生活保護の現場が想像できるような漫画です。巻末にコラムなどもあります。

 

生活保護問題に興味のある方は、手に取ることをオススメします♪

広告を非表示にする