理不尽の国のアリス

世界は歪んでいる。私の認識が歪んでいる。どちらでしょうか。

男子の日焼け止めはSPF50の製品を使うべき理由。

スポンサードリンク

色白になりたい男子の皆様こんにちは(・ω・)

 

ところでもう3月ですが、日焼け止め塗ってますか?

年中降り注ぐ紫外線、色白になりたい人なら、もちろんバッチリ塗ってますよね!

 

ところで男子の皆さんは、どんな日焼け止めを使ってますか?

今回はSPF50(現在最高レベル)の日焼け止めを使うべき理由を

美容男子の皆様にお伝えしたいと思います。

 

そもそもSPFとは?

SPFとはSun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で紫外線防御指数とも言います。
UVB波の防止効果を表す指標です。
紫外線を浴びた際にできる皮膚赤い斑点ができるまでの時間を何倍に長く出来るかを表したものです。
SPF30の日焼け止めを利用した場合、赤い斑点が現れる時間を30倍に延ばすことができるということになります。 

 

SPF(紫外線防御指数)とPA(UV-A防御指数)

そもそもSPFとは、どのくらいの時間白肌を守れるかという指標です。

現在の最強はSPF50、つまり赤くなるまで、50倍時間を引き延ばすことができます。

 

そして、落とし穴が一つだけあります。

SPFは化粧品を1平方センチメートル当たり2mgずつ皮膚に塗ったときの値となります。

このSPFを計る試験では、わりとべた塗りをしているという事実です。

白浮きしないように薄めに塗った状態では、試験数値の効果を出すことができない可能性があります。なんとも腹立たしい試験ですね

 

男子は、メイク直しの時間がない!

男子と女子の生活習慣の一つに、メイク直しをするかというのがあると思います。

男子にはメイク直しの時間が社会的にありません。

 

だいぶ考え方は変わってきていますが、

世間様は男子が美容にこだわることを想定していません。

世間様は美容は女子のものだと思っています。

 

つまり、日焼け止めの塗りなおしがやりづらい環境にあります

人目を気にせず、塗りなおせたらいいんですけどね。

僕は体育祭の練習のときに塗りなおしをしていたら、

変な人扱いされました。

日焼け止めを塗ってても長時間外にいたら焼けてしまった。

そんな貴方へ。

そもそも、測定時と使用条件が違うので、効果時間が短いのは仕方の無いことです。

それならば最強効果時間のものを使っておけばいいのです。

 

スーツってクソ暑いよね

世の中クールビズが浸透してきてますが、

頭の固い会社様はスーツを着ろと押し付けてきます。

猛暑の中での長袖強制。死にます。汗もだらだらデス。

汗で日焼け止めが流れてしまい、塗りなおしをしないまま、

うっかり赤くなってしまった・・・

こんな経験ありませんか?

 

汗で流れない日焼け止めはウォータープルーフ

そしてウォータープルーフの日焼け止めはSPF50のものばかりです。

 

ビオレ さらさらUV パーフェクトミルク SPF50+/PA++++ 40ml

ビオレ さらさらUV パーフェクトミルク SPF50+/PA++++ 40ml

 

 

 

塗りなおしができるのであれば、肌への刺激を考えてSPF30などにするべきですが、

紫外線のほうが絶対ヴァイオレンスなので、

効果時間が長い最強の一本を買っておくほうが手っ取り早いのです。

 

そして日本男子は汗をかきやすい環境にあります。

その環境に対応できるものでないと、

貴方の白肌が奪われてしまいます。

広告を非表示にする