読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理不尽の国のアリス

世界は歪んでいる。私の認識が歪んでいる。どちらでしょうか。

仕事が辛い。辞めたい。いきなりナーバスな新卒さんに読んで欲しい記事。

スポンサードリンク

もうすぐ、四月ですね。

出鼻をくじくようで恐縮ですが、

仕事が辛くなる人

環境が合わなくて辞めたくなる人。

そういう人は絶対にでてくると思います。

実際私もブラックよりの企業(グレーゾーン?)に一年間勤めて、身体を壊して退職しました。

 

今回はそんな人、ちょっと辛く感じている人に読んで欲しい記事。

 

雑務が辛い人へ

コピー取りだったり、請求書の整理。稟議書の整理

そういった雑用ばかりで辛い。こんなはずじゃなかったと思う人へ。

その程度なら辞めちゃだめ。

そういった書類は、アナタの会社や業界の教科書です。

 

請求書は、取引の相場価格を知ることができます。

コピーも上司が扱っている案件の内容を知ることができます。

稟議書も同様です。

lulufoy.hatenablog.com

この記事の部品メーカーの部分でリスクマネジメントに言及してますが、

僕はこの知識を稟議書から学びました。

こういった知識はアナタが別の部署に配属されたとき、

企画立案などをできるようになったときの大きな武器になるでしょう。

※別部署に配属になる前に僕は辞めましたが、こうやって記事を書くのに役立ってます。

 

すぐにでも辞めたい人へ

よく新卒が3日で辞めたとか批判されますが

僕は、身体を壊すレベルで辛いなら辞めてもいいと思います。

理由は人間関係とか職場自体がブラックだったとかそういうものになるのでしょうか。

僕は一年間仕事を続けましたが、結果残ったのは

仕事で身につけた多少の営業力と、たくさんの病院の領収書。

最後のほうは高熱を何度も出したり、何も食べたくなくなったり(吐いたり下したり)

多分自費で、少なく見積もっても8万は病院、薬にかかってる。

まだ寝つきが悪いときがあるので、そんなときは睡眠薬に頼る。

そんな状態で再出発するより、

まだ完璧に元気な状態で再スタート切ることのほうがいいと思うのです。

 

どこかしらで妥協しなきゃいけない現実

給与、人間関係、ライフワークバランス、

すべてがパーフェクトの職場はそうそう存在しません。

あったとしても海外でしょう。日本人は意外と陰湿。揚げ足取りが好き。

最近話題のニュースをみても不倫とか人の失敗ばかりが目立つでしょう。そゆこと。

 

人間関係がある程度よければ救われる

僕も上司と折り合いをつけれなかったけど、

パートさんとご飯一緒に食べたり、

お菓子を交換したりというやりとりに支えられて

一年間は仕事を続けられました。感謝。

「辛くて本物のタバコ吸いたくなったら、私の一本あげるから」と言ってくれたのはほんとにありがたかった。結局吸わなかったけどw

 

確かに自分も未熟だったけど

今思えば自分の至らない点がたくさんあったことに気づきます。

仕事もできんかったやろうし。未熟でした。

でも、身体を壊してしまったのは事実なのですよ。

身体が辛くて、仕事のことを一生懸命に考えられませんって上司に相談したら

すぐに退職の話されたもんw

身体壊したとしても、その後の人生を会社は担保してくれない。

広告を非表示にする