読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理不尽の国のアリス

世界は歪んでいる。私の認識が歪んでいる。どちらでしょうか。

結局保育園作っても育児盛んにしたいなら企業努力が大切じゃね?って思った話。

社会
スポンサードリンク

保育園問題が表面化しつつある今ですが。

行政側の保育園整備などの話ばかりが目立ちますが

保育園数を作っても企業側が制度を整えないと

育児しやすい環境にはならんだろうなと思った話。

 

子供は保育園に「預けて終わり」ではない

当然ですが、子供を預けただけで、

「よっしれっつお仕事」

ってなるわけじゃありません。

 

僕の仕事先(小売店舗)に双子のママさんがいます。

元店長を務め、子供が生まれた後も短縮勤務でバリバリ働く「デキル女」です

そんな人がこの前、

「急な保育園のイベントが入ってシフト変更していいですか?」

と店長に相談していました。

 

シフト変更・有給の取りやすさ

今回の件では予定が決まってない人がいたのですんなりシフト変更が認められました。

けれど別件です。別店舗の話ですが、

よく頻繁に熱を出す子供を持つ、ママさんパートがいました。

子供の急変は当日にならないと分からないので、店長も四苦八苦してました。

結局その人は、お店をやめることとなりました。

 

この二件を見てて、

保育園作ったところで、企業側の理解がないと育児と仕事の両立は難しいだろうなと考えました。

 

結局、子供を保育園に預けたからといってもそれはスタート地点に立っただけ。

その後のことは正直行政より、それぞれの企業の対策になるでしょうが。

けれど、スタート地点のことだけを声高に言っても、また後で苦労するから。

両方言っていかなきゃだめジャンって思った話。

 

広告を非表示にする