読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理不尽の国のアリス

世界は歪んでいる。私の認識が歪んでいる。どちらでしょうか。

服屋の店員から見た、仕事ができそうな人5選

スポンサードリンク

服飾の売り場は格好の人間観察の場です。

なぜならたくさんのビジネスマンの方がご来店いただくからです。

 

ファッションとして楽しむかたもいます。仕事の延長上で来店されるかたもいます。

そんないろいろな人間像を観察した結果

今回は服飾店員が思う、「仕事ができそうなお客様5選」をお送りします。

 

自分の要望を明確に伝えてくれる人

この記事を書こうと決めたときにこの人物像が真っ先に思い浮かびました。

「オックス地のシャツを探してるんだけど」など具体的な言葉で伝えてくれるお客様。

店員側の立場からすると、とても案内がしやすいです。

ご要望がはっきりしているのでピンポイントで案内ができます。

商品が無い場合もすぐにお伝えでき、要望に沿った商品のみを見ていただけます。

スムーズにお買い物が進むので、お客様の時間を無駄にしません。

このお客様は部下の人にも明確な指示をだしているんだろうなと想像しちゃいます。

 

対して、「かっこいいやつ」などの個人の主観で大幅に案内が変わってくる要望は

こちらとしても難しく感じます。

私が思う「かっこいい」を最大限の想像をしてオススメしますが、私の主観です。

うまくお客様の好みと合致しない時には、結局お客様自身でたくさんの商品からお好みのものを見つけていただくことになります。もちろんお買い物の時間も延びます。

楽しんでいただけているのであれば幸いですが、時短という点ではポイント低めです。

 

明確なこだわりを持っている人

こだわりを持っている人は意思決定の判断基準がはっきりしています。

選択する際の基準がはっきりしているので、欲しい・いらないの判断が早いです。

即決で選び、ためらうことなくゲットしていただきます。

こだわりを伝えていただければ、店員が選択肢を絞るので時短にもなります。

お仕事での判断も早い方なんだろうなと考えちゃいますね。

 

緊急時にこだわりを捨てられる人

緊急時に自分のこだわりを捨てられる人、ステキです。

出張の際にネクタイを忘れたり、シャツが足りなくなったり。

お店に来たけど、好みのものが無い!そんなときに妥協し、決断できる人は

ミスしたときにもリカバリーが早い人なんだろうなと思います。

こだわりを捨てずられずにいろいろお店を巡っても、見つからないときもあります。

そんなときに再来店いただき閉店時間ギリギリに妥協したアイテムを購入いただくのはうれしくも悲しいものがあります。

楽しんで選んでいただくのであればいいんですが、

このような場合駆け込みでいらっしゃる場合が多いので。

次の日の商談の準備は大丈夫でしょうか?

 

購入前にめんどくさがらずに試着をする人

 今までは仕事のスピードに関わる話をしましたが、

この項目は、仕事の詰め、正確さの話です。(もちろんスピードにも関係します)

自分のサイズがよく分からなくても、試着はめんどうだからしないという人がいます。

M、Lなどの指標はメーカーによって違うため、サイズが合わないこともあります。

このようなときはお客様に再度ご来店いただき、

現在庫で対応できる限りのサイズ交換、別商品と交換となります。

 

交換のために再来店いただく様子は、

上司に仕事のミスを指摘されてやり直す状況に似ていませんか?

サイズが分からないのであれば試着して確認し、購入する前に不安事項を解消する人。

ミスも少ないんだろうなぁ。

 

会計後に笑顔でありがとうと言ってくれる人

この人の部下になりたい・・・

会計後に「ありがとっ!」と伝えてくださるお客様は神様です。

この一言だけで、この人に商品をオススメしてよかったと思えます。

この一言だけで、「もっと仕事がんばろっ!」と思えます。

小売販売の店員のやる気すら引き出せるのですから、

部下のやる気もばっちりですね。

人間力のある上司が好かれる」なんてよく言われますが、

お礼を欠かさないことは、人間力のひとつの要素だなと実感しますね。

 

スピード・正確さ・人間力

いかがだったでしょうか?

 

時短・正確さ・人間力という3つの能力が、

商品を購入いただく姿から想像できちゃうわけです。

商品売り場はお客様の「欲」が表に出てくる場所です。

その売り場より、スタッフがお送りしました。

広告を非表示にする