理不尽の国のアリス

世界は歪んでいる。私の認識が歪んでいる。どちらでしょうか。

やりがい搾取を回避しよう。ブラック企業回避のためのテクニック【就活小話】

スポンサードリンク

蔓延する求人詐欺・やりがい搾取

bylines.news.yahoo.co.jp

 

www.ikedahayato.com

 

今やブラック企業という言葉が多くの人の頭の中の辞書に載る時代です。

 

就活中のみなさん!

 

大事な新卒チケットを!

大事な人生の1ページを!

 

ブラック企業に搾取されていいのだろうか!!!

 

会社が成り立たないから、求人にうそをついていいのか!否!

 

そんな会社などつぶれればよい!!!

 

というわけで、皆様は華麗にスルーしていただければと思います。

キラキラ演出に惑わされるな!

ブラック企業はあの手この手で就活生をからめとります。

その一つがキラキラ感の演出です。

「仕事の面白さ!」

「やりがい!」

「自分自身の成長!勉強できる環境!」

「一緒に仕事をしていく仲間!」

このような単語を山ほど使ったり、過剰に光を当てた写真を掲載したり

少年漫画ばりのキラキラとした社会人を演出しています。

(情報ソースは前職の採用サイト)

 

ここで、みなさんひとつ冷静になりましょう。

realtor-readyabooks.hatenablog.com

この不動産に類似するように、

やりがい企業はほかに褒めるところがない可能性があります。

福利厚生、給与、待遇。就活生を集めるのであればこれらの材料もあるからです。

なのに、それを表に出してこないというのは、

あっ・・・(察し)なわけです。

(情報ソースは前職の採用サイト)

残業のことに一切触れてないのは怪しいです。

残業が一切ない職場はありえませんから。

一切触れてない=残業代が出ない可能性ありです。

素直に残業アリと書いているところのほうが信用性があります。

 

説明会の最後に聞いてほしいこと

僕は会社説明会においてこのようなやりがいや成長を推す企業に対して

ある一つの質問をするようにしていました。

 

「成長という言葉は抽象的な言葉です。御社の言う成長とは具体的にはどのようなものを指しますか?」

 

ある会社はこう答えました

「面白いものを見つけたときに、それを自分の力で形にできる、世に出していくようにできるようになる」(この会社を蹴ったことを今でも後悔しています)

 

ある会社はこう答えました

「今まで20年以上かけて培ってきたノウハウと・・・」

 

どちらが「ちゃんとした」答えなのかは明白だと思います。

 

結局この質問の答えうんぬんではなく

化粧品をメインにやりたいという気持ちで会社を選んでしまい、失敗しました。

(前者が食品、ゲーム事業に参入するというお話を聞き、蹴っちゃいました)

 

「成長」

 

この言葉は曖昧性を含む言葉です。

 

「理不尽な欲求に有無をいわず従うようになること」

これも、利用する側からすれば「成長」なのですから。