理不尽の国のアリス

世界は歪んでいる。私の認識が歪んでいる。どちらでしょうか。

わいせつって何ですか?迷走するダブルスタンダード

スポンサードリンク

僕は女装するし、変な風に童貞こじらせてません。

公権力ってやっぱりアホですね。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

裁判の最大の争点は、ろくでなし子さんの作品が「わいせつ」かどうかという点で、検察側は過去の判例の基準に照らすと、ろくでなし子さんの作品がわいせつ物にあたることは明らかなどと主張していた。一方で、ろくでなし子さん側は、作品は芸術作品であり、わいせつ性は薄まっていることや、女性器の立体データは無機質であるなどとして、無罪を主張していた。

「わいせつ」の押し付けという精神的暴力

 

bylines.news.yahoo.co.jp

ところで・・・。この話、男性に置き換えてみると、どうなのだろうか。

まず、対象が男性の場合。

みんなが知っている

ダビデ像

日本にもレプリカがいくつか展示されている。

このダビデ像は、割合リアルな男性器が露出されているが、公然と展示されている。

しかし、これは芸術と言われ、何ら問題とされていない。

日本でレプリカを展示したことを理由に誰かが処罰されたなど聞いたこともない。

ところが同じことが女性器であれば、禁圧され、処罰されるというのはなぜであろう。

 

そのように考えてみると、問題は女性器そのものにあるように見受けられる。

日本の「わいせつ」というものがあくまで男性視点で、男性をみだらな気持ちにさせるか否かによって決まっているようで、女性としては非常に不愉快である。

 

ワイセツって何ですか? (「自称芸術家」と呼ばれた私)

ワイセツって何ですか? (「自称芸術家」と呼ばれた私)

 

 

法律をつかって俺の気に入らないものを規制しよう

 

労力を使うこと=お金を使うことです。

 

そもそもネットで無修正が氾濫するこの時代に

3Dデータ程度で労力を使う公権力。

被害者のいないこの案件で起訴をして一体何の成果を生み出したいのか。

わざわざお金と時間をかけてするものなのだから、

何かしらの目的があると考えられないでしょうか?

 

ironna.jp

これまでの創作活動を振り返ると、私がつくった作品に対して、いつもすごい勢いで怒り出すのは大抵おじさんだったんですよね。根底には「俺の女性器観」みたいな考え方があって、それを無理に押しつけてくるんです。女性器は私のものなのに、何であれこれ言われなければならないのだろうと思うようになり、それからは女性器をモチーフにした創作活動を本気で始めました。

 なんとなくの推測ですが、

 

「ワイセツでない女性器」という存在を認めたくないのかなと思ってしまいます。

 

結局規制が必要なのは何か

ironna.jp

 さらに、別の裁判官の「証人はあらゆる表現に法規則はいらないとお考えですか?」という質問に、

 林「実在する被害者のいる表現は、もちろん規制すべきです。その点、ろくでなし子さんの作品には注意深く配慮がなされています。」

 この林教授の一言がすべて。

CGの児童ポルノ規制も、「俺の気に入らない~」理論のように思えてしまう。

迷惑、被害をかけないのであれば、他人の生き方を規制する必要ってあるのかね?

広告を非表示にする