理不尽の国のアリス

世界は歪んでいる。私の認識が歪んでいる。どちらでしょうか。

部室の臭いを懐かしむ輩がいる限りスメハラはなくならない

スポンサードリンク

夏の足音と、剣道部の部室の臭い。高校野球

 

その単語から何を連想しますか?

f:id:lulufoy:20160524154755j:plain

 

汗くささと香水と教育の弊害

学校で香水をつけていたら怒られます。(僕の学校時代の経験則)

しかし、汗のにおいをまき散らしていても怒られません。(経験そ(ry)

むしろ笑顔で「汗臭いぞ」といじります。しかし、その顔は喜びにあふれています。

泥臭くいることがさも美しいかのように。

 

なぜでしょうか?

 

ここには「汗をかく」=「頑張っている」の構図があります。

頑張ることは美しい、えらい、学生らしい。

だから汗をかくことを先生は否定をできない。

僕はこの状態にちょっと危機感をもっています。

 

高校野球というカモフラージュ

懸命に汗を流す姿を美しいと称える人は多いです。

その代表例が高校野球

合理性を欠いた、熱中症覚悟の真夏の炎天下でのスポーツ。

滝のように滴る汗をぬぐう姿。

涙を流す様子はテレビを通せば美しいけれども。

 

教室をともにするのは、隣の席に座るのは遠慮したい。

彼らの汗臭さを体感した人は多いのではないでしょうか。

 

ドラマティックの裏側には生物学的な現実がある。

 

必死さと不快

電車の中に中学生男子の団体が乗ってきて、

その車両が汗の臭いにまみれたことがあります。

部活動後なのでしょう。

「お前汗臭いっ」って自分たちで自覚しながらも、その顔は誇らしげ。

申し訳なさのかけらもなく、がやがやと楽しげです。

 

ここに僕は学校教育の限界を見ます。

この臭いが誇らしく感じるのは運動部経験者の懐古主義者です。

 

汗のにおいそのものは不快でしかない。僕はたまに頭痛を覚えます。

頑張ることは否定しないけども、

その上で人への気遣いを教えなくていいのでしょうか。

汗臭さを怒る教師をみたことがないのです。存在してたら教えてください。

むしろ生徒が頑張ることが誇らしいかのようにする人もいる。

そもそも教師が臭い場合もある。

 

無関係の人間にとっては、その人の頑張りには何の価値もなく、知る機会もなく

汗臭いという現状だけで評価される。

この事実を伝えるのはいささか残酷なのでしょうか。

 

お願いだ。8&4でもシーブリーズでもなんでもいい。

制汗剤をぶちまけろ。カキタンニンの入った石鹸を使ってくれ。

不快な体臭を消してくれ。

 

 

エージーデオ24 パウダースプレー 無香料 180g (医薬部外品)

エージーデオ24 パウダースプレー 無香料 180g (医薬部外品)

 

 

広告を非表示にする