理不尽の国のアリス

世界は歪んでいる。私の認識が歪んでいる。どちらでしょうか。

父の日のプレゼントはネクタイ以外でお願いします!

スポンサードリンク

父の日のプレゼントはネクタイ多数!?

僕の勤務先には小物の取り扱いもあり、

この時期はネクタイのプレゼントを選ぶ方が増えます。

 

そんな状況を横目でみながら、僕が父になったときに

父の日にはネクタイはもらいたくないと考えてしまいました。

 

もらえればネクタイでも嬉しいんですけど・・・

 

 

父=仕事=ネクタイ

 

「結局使ってもらえるものがいい」

こんな気持ちでプレゼントを選ぶ方も多いです。

 

でも・・・

 

ネクタイ以外の選択肢」を思い浮かべることはできますか?

 

思い浮かばない場合、父=仕事

の構図が出来上がっているように思います。

 

なぜならば

 

日本で、ネクタイをつける場面は99%が仕事の場。

スーツ着て、ネクタイしていたら、99%仕事です。

 

つまりネクタイは男性の仕事の記号として機能します。

その記号をプレゼントすることになるのです。

 

お父さんの趣味は何ですか?

僕としては、もっと仕事以外の面、

ちゃんと「自分」を見てほしいなという気持ちがあります。

 

父=仕事オンリーという旧世代の構図から脱却して、

将来はより家族とかかわりあっていきたいというのが理想です。

 

だから、僕はネクタイ以外の選択肢を選んでほしいのです。

仕事という枠をこえて家族とコミュニケーションを取りたいのです。

 

僕の父は割とワーカホリックに近いくらいの仕事人間です。

家庭でも常に仕事の話が中心になり、

父の趣味は仕事だと思っていました。

休みでも常に草刈りしたり。どんだけ仕事したいのだと思ってました。

 

最近たまたま、そんな父の楽天の履歴を見る機会があり、

「父の趣味は自然と戯れることなんだー」と新たな発見がありました。

 

どんな人間でも、趣味の一つはあるはずなんです。

仕事が趣味って方は最近は珍しいと思います。

 

小さいころに父親の趣味を知ることができていたら

もう少しいい関係性を築けていたのかなと思います。

 

お父さんのことを知ってみよう

父の日は父親のことを知るいい機会だと思います。

 

ついつい仕事という観点でとらえてしまいがちなお父さん。

仕事以外の面を知ることで、より家族関係が潤滑になると思います。

 

父の日にはネクタイ・・・ではなく

お父さんが本当に好きなものをあげると

本当の意味で喜んでもらえると思います。

広告を非表示にする