読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理不尽の国のアリス

世界は歪んでいる。私の認識が歪んでいる。どちらでしょうか。

女性活躍社会と単身赴任社会を両立するから少子化するんじゃん。

雑感
スポンサードリンク

絶賛就職活動中の24歳るるくんです。

 

ところで、僕には年上の彼女がいます。

7つほど上の彼女からの

妊活したいというプレッシャーに日々耐えながら

就職の優良物件を探す日々です。

身体が弱いこともあり、前職みたいなブラック寄りのグレーで働くと

再起不能になるかもしれません。

 

結婚することを前提に考えたら

転勤頻度の多い職場は基本NGになってきます。

彼女は働きたいと言っているからです。

女性活躍社会です。

 

この条件は割と厳しいものがあり、

転勤なしを選ぶ、地方正社員制度がある会社もあります。

地方正社員は正直給料低いです。

ただし、女性活躍社会といえど、

男性の家族を支える責任は軽減されていません。

地方正社員では、男だけでは正直子供まではもてないでしょう。

 

そのため、仮に僕がこの条件を緩和し転勤有の仕事についたとします。

好きという気持ちをないがしろにしたくないために彼女と結婚したとします。

 

でも彼女は仕事を続けたいので、転勤についてこれません。

 

そう、僕に待ち受けてるのは、単身赴任

 

もし妊活したとしたら、彼女は働けなくなります。

身体のこともあり、よけいに動けません。

 

しばらく転勤が落ち着いて、

それから子供を設ければいいじゃんという意見もあるかと思います。

 

しかし、彼女が年上の場合、それには高齢出産というリスクが付きまといます。

女性活躍社会といいますが、子供の面倒を見るためには、

彼女の仕事に制限が付きます。

 

それでも僕にはイクメンとして、子供の面倒をみる術はありません。

 

なぜならば、転勤頻度が多く、単身赴任当たり前の職場では子供の面倒どころか、

 

子供に会えない状態になる。

 

全国には百万人の単身赴任者がいるそうです。

 

多くの会社が夫婦を引き離している状態で、

 

なにがイクメンなんでしょう。

なにが子育て支援なんでしょう。

なにが、少子化対策なんでしょう。

 

ついでにいうと、

男性が年下で、女性が年上の場合は僕のようなジレンマがあるからね。

広告を非表示にする